役立つニキビ治療情報!

ニキビは顔にできやすく、また跡がのこりやすいため悩む人が多いです。
ここではニキビ跡の種類を知って、その治療法を紹介していきます。


まずは跡の状態別に見ていきます。

赤くはれている炎症タイプは、まだ炎症がおさまっていない状態にあります。痛みやうみ、腫れなどもないのに赤みだけが消えないため不自然ですが、この段階ではまだまだ繰り返すおそれがあるためケアが必要です。

痛みがないため気持ちてきには安心できますが、跡にのこさないためにも注意しておきましょう。

茶色い跡がのこっていまった状態のものは、メラニンが残っている状態になります。


炎症がおきることによって、メラニンが作られ肌は守りの体制に入ります。シミと同じようなものなので、メラニンを取り除く治療をおこなうことにより、跡をとりさることができます。
肌の表面がボコボコになってしまった状態は、ニキビにより炎症が繰り返されることによって、周囲の肌にまでダメージがあたえられた結果、引き起こされます。

肌は炎症を素早く回復させようとする働きがあるため、表面がクレーター状になってしまいます。


クレーター状の跡は、短期間に治療することは困難なため、まずは炎症を防ぎひろがっていかないように治療することが大切になります。じっくり期間をかけて目立たないようにすることを心がけましょう。

ニキビの跡を残さない治療法ですが、患部が赤みがある場合は、肌を清潔に保ち痛みがなくなるのを待ちましょう。
あせらず肌の負担をへらして、回復するのを待ちます。

そのためには日頃のケアが大切になってくるので、肌のうるおいを保てるように水分に注意して、丁寧に洗顔をするようにしましょう。紫外線を防ぐことにより、シミや炎症をおさえることができるため対策をとることをおすすめします。
色素がついてしまったニキビ跡の治療としては、肌の新陳代謝をたかめて新しい肌を作り出すことが一番です。

そのためにはビタミンCやビタミンBを多くとりいれていきましょう。クレーター状のニキビ跡の治療には、コラーゲンを多くとり肌に弾力をもたせることにより目立たなくすることができます。
このようにしてニキビ跡の治療をおこなうことで、綺麗な肌をとりもどす事ができます。