東京の美容皮膚科に関するやさしい説明

顔にシミができると気になるものです。原因は、紫外線や外からの刺激、ホルモンのバランスなどです。

紫外線を浴びると、皮膚にダメージが出るので、皮膚の奥にあるメラノサイトというところからメラニンが出てきて紫外線からのダメージと戦ってくれます。

そして戦ったメラニンは28日周期のターンオーバーという皮膚の新陳代謝により剥がれ落ちていきます。


しかし紫外線を浴びすぎると、メラノンがどんどん生成されて、剥がれ落ちていく分よりも残って蓄積されていくものも多くなっていきます。


また加齢によって、ターンオーバーの期間が長くなってくると、それでもまたメラニンが蓄積されてなかなか剥がれ落ちなくなってきます。
それが皮膚の表面に溜まっていったものがシミとなってしまうのです。
洗顔のときに肌をこすったりして刺激を与えることもメラニンの生成を増やすことになり、同じようにシミとなってしまうのです。

ホルモンのバランスが悪くなった時には、肝斑というシミになります。

肝斑には飲み薬も市販されていて治療することができます。

では紫外線や摩擦などの刺激によってできたシミを治療するにはどうしたらいいのでしょうか。

できて間もないうちに治療すればいいのですが、時間がたったものは治療にも時間がかかります。

美白用の化粧品を使う、マッサージをして血行をよくし新陳代謝を高めることによってターンオーバーを促進する、保湿にいいヒアルロン酸やビタミンC などのサプリメントを摂取することなどを気長に行うことによって薄くなって目立たなくなってくることでしょう。東京の美容外科の信頼できる情報を得るために調査した結果をまとめたサイトです。