シミ治療の珍しい効果

シミは、炎症後色素沈着といいます。
顔のニキビ跡や傷跡が茶色いシミとして残ってしまったり、日焼けや虫さされ、脱毛などでも、炎症してシミになりやすくなります。

大半は、保湿を心がけていれば時間の経過とともに薄くなったり、半年以内に消えます。

しかし、刺激が繰り返されたり、紫外線を大量に浴びた影響で、消えずに残ることがあります。
市販のスキンケア製品を使用しても、シミが長年にわたって消えなかった場合、皮膚科の専門医を受診することをすすめます。


美白化粧品も扱っていますし、ピーリングやレーザー治療もできます。
専門医による適切な診断に基づいたアドバイス通りに、治療をしたほうが、自己判断でスキンケアを続けるよりはるかに効果的です。
外用や内服薬の治療で経過が良くなるケースが大半です。

経過が思わしくない時は、レーザー治療になります。

これを受けた場合、患部はとても敏感になっているので、術後のケアが大事になります。
日焼け止めクリームなどで、紫外線に当てないようにしなければなりません。

最新のレーザー治療は、シミを取り除くだけでなく、コラーゲンの増加を促して肌に活力を与えて、アンチエイジングにより特化したものもあります。

予算や通院できる回数などを考慮して、最適な方法を選んで素肌美人を目指す方が増えています。

しかし、スキンケアの基本は、紫外線から皮膚を守り、保湿をすることです。


普段から日焼けをしないように、心がけることが大事です。