建物が老朽化すれば水漏れも発生しやすくなり、修理が必要になりますが、このときに知っておくべきことがあります。賃貸住宅では基本的に家主や管理会社に設備を維持する義務があるため、老朽化が原因であれば費用負担を住人に求めることはできません。これは管理費が賃料に含まれているからで、二重に徴収することになるからです。支払いを拒否すれば住人が退去して空室のリスクが高くなるので、家主の立場でも注意が必要です。

原因に関係なく住人が負担する特約を契約に付けている場合がありますが、これも訴訟などになれば否定されます。ただし、納得した上で契約したとして素直に応じない可能性が高くなるため、入居する前にどの条件で負担をするのか双方で明確にしておくのが良いでしょう。水漏れの修理を依頼するのも賃貸住宅であれば管理会社側が行うことなので、連絡が取れない緊急時以外で無断でするのはトラブルになる恐れがあります。原因が分からなくなると費用を負担してもらえなくなるので、必ず管理会社に連絡し、自分で依頼する場合は水漏れ修理をした会社に原因を説明してもらいましょう。

また、例えば自分で力を加えて蛇口を壊してしまった場合は過失なので自己負担になりますが、このときも管理会社に連絡するのが基本です。退去する際に入居時の状態に戻す原状回復をする必要があるため、許可を得ずに蛇口を交換すると退去時に戻すように指示され、余計な出費になる可能性があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です