水漏れがひどい状態だと、パニックになっていきなり修理業者を呼んでしまうという人もいるでしょう。ぽたぽたと垂れている程度ならまだいいのですが、水が噴き出している状態だと誰だって焦ってしまいます。しかし修理業者を呼ぶ前にまずやるべきことがあります。それは水道の元栓をしめて、それ以上水漏れがしないようにするということです。

水が漏れ続けている状態を放置しておくと、水道代が高くなってしまいますし、落ち着いて修理業者を探すこともできなくなってしまうからです。それに水漏れが起こっている場所の階下に部屋がある場合は、その部屋の家具などにも被害が及んでしまうこともあります。そのため、何はともあれまずは水道を止め、その上で修理業者を呼ぶようにしましょう。では、水道の元栓はどこにあるのかというと、キッチンやトイレなど近くや屋外にあります。

キッチンなどの近くにあるものはその箇所だけを止めることができますが、屋外にあるものは家全体の水道を止める元栓になります。そのため、まずは1箇所を止められる元栓を探してそれをしめると、その部分の水道だけを止めることができます。しかしそうした元栓が見つからない場合は、家全体の水道を止める大元の元栓をしめる必要がありますが、その場合は水道が一切使えなくなってしまうという点に注意しましょう。また元栓の形については、マイナスドライバーで回すタイプや、蛇口のようにハンドルが付いているタイプがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です