ある日突然、蛇口のハンドルを思いっきり開けているのに水が出てこないという現象が起きたら、多くの方は慌てふためいてしまうことでしょう。実はこの現象は一般家庭で起こりやすい現象であり、水道詰まりを起こすことで水が出なくなります。水道詰まりとは水栓器具や水道管内で塩素が結晶化することで発生しますが、日本では必ず一般家庭に供給する水を塩素消毒しています。特に長期間使用していない水栓器具で発生しやすい問題で、各地の水道局では長期不在となっていた家屋で水道を使う際は、必ず水道管の掃除をするようにと推奨されているほどです。

水道詰まりが発生した時は、水道修理専門会社に依頼をすれば迅速に対応をしてくれるのでさほど深刻に悩む必要はありません。水道修理専門会社で実施されている水道詰まりの修理方法はワイヤーブラシという道具を用いるもので、手作業で修理を進めていきます。このワイヤーブラシは極細の金属製ブラシが先端に備わっていて、水栓器具から水道管へと挿入して内部に付着している塩素の結晶を除去していきます。約2mm程度の細い道具で、地面を掘り起こして水道管をむき出しにせずとも水道詰まりを的確に解消することが可能です。

修理に必要なコストは全国の相場で約1万~2万円と幅があります。さらに戸建て住居の方がお安いコストで、マンションやアパートといった集合住宅だと若干割り増し料金になるのが特徴です。これは戸建て住宅の方が水道管の構造が単純化されていることで、手間が掛からないからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です