浅草とスカイツリーは一緒に楽しめる距離感

東京で日本の伝統と古き良き下町情緒を感じられるスポットの浅草と、現代の科学の粋を集めて作られた新しい下町観光の目玉となっているスカイツリーは、実は意外に近く、一緒に巡って東京の二つの顔を楽しむことができる距離にあります。

二つのスポットの距離はおよそ1、5kmで、歩く速さにもよりますがおおむね20分ほどで着きます。浅草でまず外せないのが浅草寺の参拝です。浅草寺は都内最古の寺院として知られ、所願成就の観音様のご利益を求めて善男善女でいつでも賑わっています。境内にはパワースポットとして注目されるお堂などが多くあり、本堂だけでない参拝ポイントがあります。また、雷門や五重塔、庭園など見るべきものが多く、仲見世での買物などいろいろな観光を楽しめます。

隣接する浅草神社も心願成就のご利益があり、合わせて参拝したいところです。ほかにも周辺には、ノスタルジックな遊園地や寄席などがあり、伝統やら新興やらのグルメが軒を連ねているので食べ歩きの楽しみもあります。スカイツリーは、電波塔としては世界一という634mの高さを誇るタワーです。観光客が登れるのは、450mの展望回廊と350mの展望デッキです。

東京を一望できるばかりでなく、晴れた日には富士山をはじめとする山々や海を見ることができます。ガラス張りの窓に沿って歩けば、まさに空中散歩の心持ちです。スカイツリーの下は、ソラマチという大きなショッピングモールになっていて、ショッピングやグルメを楽しむことができます。また、水族館やプラネタリウムなどがあるので、いろいろな楽しみ方があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *