浅草できびだんごの食べ歩き

浅草観光を楽しむときに、人ごみの中をたくさん歩いているとどうしても小腹が空いてきてしまいます。

そんなときには和菓子を食べるのもおすすめです。仲見世通りにはたくさんのお店がありますが、きびだんごが実演販売されていてとても人気があります。ふうわりと香る出来立ての香りは思わず食欲をそそり、足が止まってしまうこと請け合いです。江戸時代にも実際に浅草の仲見世に実在していたとも言われるほどなので、きびだんごと言えどどこか風格を感じさせてくれます。

販売されている浅草のきびだんごは、きなこもたっぷりかかっていて見ていると通り過ぎるのがつらいぐらいです。江戸時代に作られたものを再現しているということで多くの人が集まっていますし、量も一見すると多く感じるのですが、一つずつが小さめなのでぺろりと平らげてしまいます。食べ歩きそのものは推奨されていないので、近くのベンチなどに座って食べるようにするのがマナーです。

すぐに食べる場所がなさそうだと思うのであれば、お土産用もあるのでそちらの購入をして、家族や友人たちと一緒に思い出を振り返りつつ味わうのもよいでしょう。おうちで出来立てが食べられるようにとゆでるだけという簡単な仕様にしてあります。きなこも付いているので、ゆで上がったらたっぷりかけて食べられます。お値段もリーズナブルということもあり、手軽に購入して楽しめます。浅草歩きの楽しみに、きびだんごも味わいましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *