食べ歩きを楽しむなら浅草のきびだんご

東京観光の大人気スポット浅草は、日本人観光客はもちろんですが連日多くの外国人旅行客も多い世界的に注目されている観光地です。

雷門から浅草寺に続く仲見世通りには、飲食店や土産物店などが立ち並びたくさんの人でにぎわっています。仲見世で食べ歩きを楽しみたい人や観光の合間に甘い物が食べたくなった人に人気があるのがきびだんごです。きびだんごといえば桃太郎が有名ですが、日本では江戸時代に流行し、同じものが食べることができると人気があり、たっぷりときな粉が付いた江戸時代のきびだんごを再現し、作り立てを食べることができます。

甘すぎず、香ばしいきな粉がたっぷりとかかった上品で優しい味わいの小さな団子の刺さった串が5本で300円と気軽に楽しめます。1人でもぺろりと食べきれるボリュームですが、友人や家族と分け合うこともおすすめです。出来立てを食べることもできますが、お土産用も人気があります。お湯であたためると出来立てを楽しむことでき、10本で500円ほどとリーズナブルなので、家族や友人、同僚などへのお土産にぴったりです。

店の近くや小路などに腰掛けることができるベンチや立ち止まって食べることができるスペースがあるので、他の人にきな粉をつけてしまわないように気をつけながらいただきましょう。他にも甘茶や甘酒など浅草名物の飲み物や雷おこし、アイス最中などもあるので、浅草に行ったら食べ歩きを楽しむことも予定に入れておくことをおすすめします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *