浅草で人気のきびだんご

‘きびだんご’といえば岡山県の名産品を思い出す方も多いかと思いますが、連日観光客で賑わう浅草にもきびだんごが有名なお店があることをご存知でしょうか?浅草のシンボルである雷門から続く仲見世の一角に位置するお店で、行列ができることもあるほど、浅草でも人気店となっています。

こちらのお店で売られているきびだんごは、一口サイズのもちもちのお団子にきな粉がたっぷりとまぶされているシンプルなものとなっており、子どもから大人まで世代を問わず楽しむことができると言えそうです。大きな特徴としては、江戸時代に実際に売られていたものを再現している点があげられます。そのため、江戸っ子が楽しんだ当時の味をいただくことができると言えます。

さらに、お店では作務衣姿の店員さんが店頭にて実演販売しており、当時のきびだんご屋の雰囲気を味わえるかもしれません。浅草のきびだんごは、店頭で作っているできたてのものをお店の一角に用意されたスペースにてその場で食べることができます。できたてですので、熱々でもちもちのものを楽しむことができる点がポイントです。

きな粉を食べると喉がかわいてしまうという方も多いと思いますが、その点も心配はいりません。甘酒や季節によっては冷たい抹茶も販売されているため、一緒にいただくと良いでしょう。加えて、こちらのお店では、持ち帰り用も用意されていますので、家でゆっくり食べたい、お土産にしたい、という方にもおすすめです。お持ち帰り用のものでも、お湯で茹でるだけで気軽に食べられます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *