浅草に行ったら食べたいきびだんごの魅力

浅草は江戸時代より発展した門前町ですが、そこは全国より多くの観光客が訪問して参拝した地として親しまれています。

集ってきた参拝客向けのサービスとして、飲食や土産店が盛んであり、特に飲食に関してはその歴史の名残を感じさせる食べ物が存在します。その一つがきびだんごであり、浅草を訪問した時にはぜひ堪能したいほどの優れた和菓子になります。もとは岡山の和菓子として製造されましたが、多くの方が訪れる上での茶菓子にも最適で人気で普及していった経緯があります。きびだんごの特徴は、串に刺した状態でお茶と共に提供されるタイプで、歩きながらでも食べることができる点でも優れています。

現在でも浅草では雷門近くの仲見世を中心に、きびだんごの店舗が存在します。もっともすぐれた点の一つには、店頭によって実演販売をする形で売られており、出来立ての温かいままの団子をきな粉をまぶして提供してくれます。また小さいため食べやすい点と価格もリーズナブルな点もあるため、まとめて購入することも可能です。

浅草に参詣したついでのお土産としても人気で、全国発送にも対応しており、贈答用やお茶の間でも食べることができる逸品になります。浅草は参詣する上では境内など歩きまわる場所が広いのも特徴的で、そういった歩き回って疲れた、小腹が空いたという場合に利用することができる飲食店です。店近くにイートインスペースが存在するため、そこで一休みをしながら食べることもできる点でも魅力があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *