浅草の食べ歩きにはきびだんご

きびだんごと言えば、桃太郎の話が浮かびますが実際には食べたことはないという人も少なくないのが現状ですが、浅草には出来立ての美味しいきびだんごが味わえるお店があります。

きびだんごは団子に黍をまぶした昔ながらのお団子で、江戸時代から食べられていたものらしいですが実際には黍を使用したものではなかったと言われており、私達が想像するきびだんごもきな粉餅が浮かんでくることの方が多いです。そんな江戸時代に食べられていたままを再現してその場で作っているお店が浅草の仲見世にあり、ここでしか食べられない名物の一つとなっており、海外からの観光客や修学旅行生、一般観光客に人気を博しています。

雷門からすぐの場所にあり、小さなだんごに甘さを控えたきな粉がたっぷりと付いた串だんごは、5本セットで売られているので友達同士などとシェアして食べるのも楽しいと思います。もちろんその場で食べられるだけでなく、テイクアウトやお土産用としても買うことができ袋にはうさぎのイラストが描かれているので、その可愛さも人気のひとつとなっています。

又、江戸時代に仲見世に実在していたものを再現してあるので歴史を感じられることもできます。浅草は食べ歩きが楽しいところですが、仲見世通り自体は食べ歩きが禁止されているのでちゃんとお店のスペースで食べるか、人通りの少ない別の道を選んで食べるなど注意して下さい。目の前で作られた出来立てを食べられる機会は、きびだんごではなかなかありませんので、浅草を訪れたら是非食べてみることをお勧め致します。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *