食べ歩きもできる浅草のきびだんご

浅草の仲見世には、出来立てのきびだんごを食べられるお店があります。

その場ですぐにいただくことができない場合は、自宅に持ち帰って食べられるよう、お湯で温めるタイプのきびだんごも販売されています。中でも浅草で特に人気があるきびだんごのお店は、江戸時代に実際に仲見世でだんごを売っていたお店を忠実に再現した造りになっているのが特徴です。こちらのお店では浅草らしい粋なお兄さんや下町娘の格好をしたお姉さんたちが、威勢の良い元気な掛け声でお客さんに呼びかけています。

おもわず足を止めて買い求める人もいるほどで、珍しいきびだんごのテイクアウトを楽しんでいる人の姿が見られます。浅草の仲見世通りは原則として食べ歩きが禁止されていますので、テイクアウトをするときは店内か少し通りから離れた脇道でいただくことをおすすめします。本来はだんごにきびをまぶしたものでありましたが、最近はきびではなくきな粉をまぶしただんごとなっています。

昔ながらの素朴で懐かしい味は外国人観光客にも好評で、きな粉の香りとモチモチとした食感のヘルシーな和菓子が受けています。きな粉は甘すぎない味付けとなっており、だんごも小さめになっていますので一人で何本も食べる人もいるほどです。江戸時代に食されたきびだんごを現代の浅草で再現し、出来立てのだんごをいただく美味しさはまさに格別と言えます。他にも複数のお店が仲見世通りに並んでいますので、食べ比べをしてみるのもおすすめです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *