外国人観光客の増加でこんなビジネスチャンスが到来

日本を訪れる外国人観光客の数が、右肩上がりに上昇を続けています。

政府の見解によると、この増加傾向は、当分の間、続くと見られています。観光業に詳しい学者や各シンクタンクのアナリストたちも、この政府見解に同意していることから、外国人観光客の増加は長期的なスパンでみても確かであると考えられます。

外国人観光客が増えることによって、様々なビジネスチャンスが広がることが期待されています。日本で最も外国人に人気のある京都では、駅のアナウンスでも日本語だけでなく、英語を併用するようになっています。また、駅構内の表示や看板、広告についても、日本語だけでなく英語や中国語を併記するのが、もはや当然となってきています。駅の案内板や道路標識といった、社会インフラの製造を行っている会社にとっては、大きなビジネスチャンスです。通訳や翻訳業務を行う会社にとっても、観光業だけでなく、あらゆる製品の販売業から、仕事を依頼されるケースが増えることが予想されます。

このような外国人観光客のニーズに応えるには、日本人スタッフが片言の英語や中国語で対応するだけでは限界があることも、専門家によって指摘され始めています。今後は、母国語として英語や中国語を自由自在に操り、お客の文化や生活習慣も知り尽くした外国人スタッフを雇用する企業が増えるとみられます。また、日本人の社員の語学能力の向上や、各国の文化に合わせた接客などのスキルの向上も求められています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *