浅草観光旅行の朝ごはん

2020年に迎える東京オリンピックの影響もあって、渋谷や新宿、上野など昨今はめっきり外国人観光客も増え、都内のどこにいても世界各国の人々で賑わっている東京の観光地ですが、浅草もまた例外ではありません。

雷門や浅草寺は勿論のこと、人力車や寄席など、日本の文化に馴染みのない外国人にとってとても刺激的な場所になります。観光客にとってはまた食べる楽しみと言うものもとても重要で、もつ煮込みやお好み焼きなど多種多様に美味しいものはあるのですが、意外と朝ごはんでの浅草らしいものとは今まであまり目立ってありませんでした。それを感じ、今後の異文化交流のことも考え、現地の人々は色々と模索しています。

ファストフードやコンビニのサンドウィッチではなく、日本国らしく、味噌汁をメインで営業を始めるお店や外国の人でも入りやすいクオリティの定食屋が段々と浅草では増えています。遠いところから来たのならば日本と言う風土を舌で感じて欲しいところです。それも起床して間もなくでも日本を感じて貰えたら来た側も来て貰った側も嬉しいものです。

日本のソウルフード、ジャパニーズスタイルのラーメンを、朝ごはんとして日本人と同じようにかき込む観光客も存在します。理想の観光とは、無理矢理その土地の個性が強いものを探して狙うことではなく、現地の人々と同じ食事を自然体で楽しむことで旅行先の空気を体感することが大切なことです。この浅草の朝ごはんでも同じ意味となります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *