ホテルの旅館の違いについて

ホテルとは英語で、主に短期の旅行や出張などで宿泊する際に利用する施設を意味しています。

大富豪や芸能人などには長期間居住する人もいます。語源はラテン語の「ホスピタリア」で、もともとは無償の接待部屋という意味でした。日本におけるホテルは、西洋風の設備・構造を備えている宿泊施設を指しています。日本では法律によって部屋数が10室以上と定められており、100室以上の客室を備えた大型ホテルも少なくありません。 ホテルにはシティ・ビジネス・観光、高級・リゾート・カプセルなど様々な種類があり、目的や予算、好みによって選ぶ事が出来ます。

客室内にはベッドやテーブル・椅子、テレビ、風呂シャワールームなどの設備があります。客室のタイプもシングル・ツイン・セミダブル・スイートと様々です。靴を脱がずに入室することができ、サービスはルームサービスが基本となっています。オートロック式のドア施錠システムが一般的で、プライバシーが守られます。 ホテルは日本語では旅館と訳されますが、旅館とは多少の違いがあります。

旅館とは日本特有の和式の構造・設備のある宿泊施設のことで、部屋の数が5部屋以上と法律によって定められています。 客室は和室で、温泉地などでは露天風呂付き客室などもあります。一般的に宿泊料金には朝・夕食が含まれており、食事はレストランや部屋で取る事ができます。部屋食の場合は、部屋まで食事を運んでくれます。布団も敷いてくれます。 旅館では備え付けの浴衣で過ごす客が多く、スリッパを履いたまま部屋から出て、旅館内を移動できます。また、浴衣姿で旅館周辺へ外出することも出来ます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *