ホテルの部屋の種類について

ホテルの部屋には、いくつかの種類があります。

「シングル」には、「シングルルーム」と「シングルユース」の二つがあり、シングルベッドが1台設置されたホテルの部屋に一人で泊まるのが前者で、ダブルベッドが1台設置されたホテルの部屋に一人で泊まったり、ベッドが2台設置された部屋に一人で泊まる場合は後者になります。「ダブル」は、ダブルベッド(またはクイーンサイズベッド・キングサイズベッド)が設置された部屋に二人で泊まるという意味になります。

一人で泊まる場合は、上でも述べたように「シングルユース」となり、ダブルの料金が適用されます。「ツイン」は、ベッドが2台設置された部屋に二人で泊まるという意味です。ダブルと区別が難しく、中には「ベッドは1台だが、敷き布団と掛け布団がセパレートになっている」という曖昧なケースもありますし、必ずしもベッドサイドテーブルで分けられているとも限らないので、利用する際は事前に確認しておくのが望ましいでしょう。

「トリプル」は、ダブル(またはツイン)の部屋に三人で泊まることを指します。クイーンサイズベッド2台とキングサイズベッド1台というのが基本で、シングルベッド3台というのはめったにありません。「クアッド」は、ダブル(またはツイン)の部屋に四人で泊まることを指します。キングサイズベッド1台か、クイーンサイズベッド2台というのが基本で、小さい子供連れの家族に適した使い方といえます。
浅草で朝ごはんのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *