曜日によってホテルの宿泊料が違う理由

リゾートやビジネス、シティなど様々なホテルがあり、高価格なところから低価格なところまでランクも複数あります。

提供しているサービスや部屋の質も異なり、その種類はホテルの数だけあるといっても過言ではありません。そんなホテルですが、一部の例外を除いて曜日ごとに異なる価格で部屋を販売しているところが大半であり、それはかたちやランクを問いません。そもそもどうして曜日ごとに宿泊料が異なるのかといいますと、それは部屋の稼働率と密接な関係があります。

稼働率とはどれだけ部屋が埋まっているのかを表している数字で、稼働率が高ければ満室に近いということになります。一般に宿泊料は安ければ稼働率が上がり、高ければ下がるといわれており、ホテル側は事前にもらっている予約数や周辺の宿泊施設、あるいは経験などを考慮して価格を決定しています。稼動率を上げたければ安くすればいいのですが、それでは利益を上げることができないので、安すぎるわけにもいきません。

そもそも曜日ごとに稼働率は変動します。そこで日々の利益率を考慮しながらも、全体で利益を上げることを考え、稼働率が低い日には宿泊料を安く設定し、稼働率が高い日に宿泊料を高くすることによって、利益を上げているのです。リゾートでは夏休みや冬休みといった大型休暇の間は宿泊料が高く、通常の月は安めに設定しているところが大半ですし、ビジネスでは平日が高く、休日が安く設定されているところが大半です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *