旅行の目的によって位置づけがかわるホテル

休日等で旅行に行ったり温泉に宿泊付で行ったりする場合にはホテルに宿泊することが多いです。

温泉を楽しんだり食事を楽しんだりと過ごすことがメインで訪れます。そのように宿泊して施設を楽しむことが本来の目的であれば、温泉の泉質が良く効用が自分にとってプラスになるものや食事がおいしいホテルを選択することになります。しかし本来の目的が他にある場合には宿泊ができて汗を流せる設備があるだけでも十分と考える人も多く、高級でなくても良く、極端な例としてビジネスホテルでも用が足りることが多いです。

近くにある遊戯施設で楽しむことが本来の目的であれば、宿泊する場所は安くても良く食事がついていなくても十分に満足できます。その場合には単に雨風をしのげるだけでよく、高級でなくても温泉がなくても食事がなくても特段問題がなく本来の目的である遊戯施設で思う存分楽しむことができれば満足できたりします。お金も本体の目的である場所で使用することが本望であり、そのために我慢するところとメリハリをつけて楽しむ人が多いです。

例えば目的である遊戯施設に近くにホテルがなくてもよく、その目的地までの交通の便が良ければ十分であり、それで金額が格安であればいいのです。ホテル自体を楽しむ場所としての位置づけで旅行するのと、単に宿泊をするだけという位置づけで旅行するのでは、予約するにあたり期待する設備も変わってきますし、それ自体にこだわりを持つのか否かによっても予約するグレードも変わってきます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *