ホテルの種類について

ホテルとは日本で言うところの旅館であり、日本の旅館と違うところは色々なサービスや設備を備えていると言うところです。

そのため多目的で利用することが可能となっており、ホテルのグレードが上がれば上がるほど利用できるサービスや設備が多くなっているので、その施設ひとつで遊ぶことも可能となっています。そんなホテルには実はグレードによって種類がいくつか存在しており、「ラグジュアリー」「ハイエンド」「ミドル」「エコノミー」「パジェット」、そして日本国内ではさらに種類が分化しており「フルサービス(シティホテル)」「ビジネス」「リゾート」と分類されています。

グレードとしてはラグジュアリーが最も高く、日本では御三家と呼ばれるラグジュアリーもしくはハイエンドレベルのブランドが存在しています。そしてミドルレベルのものは鉄道会社などが経営しているところに多く、パジェットにも御三家と呼ばれるブランドが存在しており安くてもサービスが充実しているというところが魅力です。

そして日本の分類であるフルサービスは宿泊だけではなく宴会や料飲をすることができる都市部にある施設であり、ビジネスはターゲットをビジネスマンに絞っている中級グレードとなっておりパソコンなど仕事に必要な道具を利用できる環境となっているところが特徴です。リゾートは名前の通りリゾート地に立地している休暇に利用することを目的としている施設であり、リラックスできる設備が充実しているところが魅力です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *